エム・アールエフ株式会社

製品ラインアップ

EMCORE(エムコア)特集~データセンター、光ファイバセンシング、FMCW LiDAR アプリケーション向けコヒーレントレーザー

EMCORE(エムコア)は米国カリフォルニア州にある、高性能・高品質なレーザーダイオードメーカーです。

レーザーチップ、フォトダイオードといった光デバイスのInP(Indium Phosphide)ファブを有し、ダイから設計・生産しています。

また、それらを応用した同軸、バタフライタイプのコンポーネントをはじめ、ラックマウントタイプの送受信機、光増幅器などの装置に至るまで、垂直統合された製品ラインナップを持つオプティカルデバイス・コンポーネントの総合メーカーです。

アプリケーションは光技術を用いた通信、CATV、測距、防衛分野などでアナログ、デジタルを問わず幅広い領域をカバーしています。

長年の経験、業界内でのワールドワイドな高いプレゼンス、ビジネス規模、そして量産技術、最先端デバイス開発技術力などにより、すべての側面で業界でのトップクラスに位置付けされるメーカーです。

日本国内においても、EMCOREは光の技術を用いて製品を展開するメーカーのさまざまな要求に応えるリソースを提供すべく、皆さまからのお問い合わせをお待ちしています。


・データセンター

・光ファイバセンシング・FMCW LiDAR

💡 EMCOREの強み 💡

✅ 2019年からLiDAR用の高コヒーレント、高出力、狭い線幅特性を持つレーザーを開発

✅ カスタムデザイン対応

データセンター

イントラデータ通信(データセンター内のネットワーク)Intra

データセンター内部に用いられるインターフェースでもオプティカルインターフェースを用いるケースが増大しています。

EMCOREでは、さらに高速なデータ転送を実現するための標準である、400 Gbpsをベースとした各種NICに用いられるQSFP-DD, OSFP形態のトランシーバモジュールを実現するために必要となる、狭い線幅特性を持ったコヒーレントなDFBレーザーを提供する技術を持っています。

こうしたモジュール製品を持ち、レーザーデバイスを使っているメーカーの方、あるいは新たなパートナーとなる供給者を探しているメーカーの方は是非EMCOREをご検討ください。

インターデータ通信(データセンターとデータセンター間の通信)ITLA

データセンターが外部との通信、データ転送量も増加の一途をたどる中、より高速、高性能なITLAに対する需要も高まっています。

高速化を実現するITLA – Integrable Tunable Laser Assembly を作るためには、コヒーレントなだけでなく、これまで以上にハイパワーなゲインチップが求められています。

EMCOREはInPファブを有し、従前よりハイパワーDFBレーザーチップの開発・生産を得意としています。

次世代の通信を担う高性能レーザーを供給できるベンダーは世界の中でも多くはないと考えられており、EMCOREはその中の数少ない一社であると言えます。

参考資料

光ファイバセンシング・FMCW LiDAR

データセンター間通信、光ネットワーク網などの高速化、高度化に伴い、光ファイバーネットワークの設置、メンテナンスに対する要求も高まっています。

このアプリケーションでは、 狭い線幅特性を持つことが特に重要視されています。

EMCOREはこの分野でも高い特性、性能をもったデバイス、モジュールを提供することが可能です。

LiDAR(ライダー) は、オプティカルレーザーを用いたアプリケーションの中で、今最も注目されている一つであるということに疑問の余地はないでしょう。

EMCOREはLiDARアプリケーションで求められるFMCW方式への適性、 狭い線幅特性、高い出力、温度変化の影響を受けにくい、といった要件を満たすLiDARに適したデバイスの開発に成功しています。

更にはスモールフォームファクターへの要求にも応えるべく、同軸タイプ(Canタイプ)のモジュールも間もなくリリースされる予定です。

LiDARで最も注目されているのは車の自動運転支援ですが、それ以外にもインフラの監視であったり、測距技術が必要とされるさまざまなシーンでの応用が期待されています。

EMCOREはさまざまな特性を持った幅広いデバイスを提供しています。

EMCOREのFMCW LiDARレーザーの特長

✅ 高出力: 100 mWまで (1782 laser) 、63 mWまで (1790 Laser)

✅ 狭い線幅特性: <100 KHz

✅ 動作温度: -20°C ~ +65°C 

製品紹介
参考資料

お問い合わせはエム・アールエフ(株)まで

EMCOREが提供できるアプリケーションは、通信、データ転送、CATV、測距など多岐にわたります。

当記事では データセンター、LiDAR、光センシングアプリケーションにフォーカスしてご紹介いたしました。

なお、日本国内でもすでにおなじみのCATV、RoF(Radio on Fiber)、防衛向けディレイラインなどの各種ソリューションについても引き続きご案内しております。

これらアプリケーション向けの製品についてもお気軽にお問い合わせください。