エム・アールエフ株式会社

製品ラインアップ

LOCOSYS ST-1612r-DGX

DR MODULE

                     

DR MODULE ST-1612r-DGX

LOCOSYS ST-1612r-DGx は自動車向けデッドレコニング(DR)に最適なモジュールとなっております。

GPS、GLONASS、GALILEOとQZSS準拠のみならず、3D加速度測定、3DジャイロスコープMEMSセンサーを内蔵しデッドレコニングを可能としております。

オドメーターとの接続や移動体速度の入力を感知し、自動的にAFRモードとUDRモードを動作します。

慣性センサーのローデータと移動体のピッチの高低、指向性アングルなどが運転手の特徴として出力されます。

例えば、インターネット接続されている自動車は、車体の高低レベルにより、自動的に緊急信号を送ることができます。

導入の際には特別な導入のためのオリエンテーションは不要で、自動校正機能がさらに使いやすくさせます。

これらの機能で、ST-1612r-DGx複数車線での車体位置の補正を可能とし、さらにGNSS信号が虚弱で利用不可な、トンネルや屋内駐車場でもデッドレコニング性能でシームレスなナビゲーションを可能とします。


LOCOSYS公式サイト:ST-1612r-DGX

ST-1612r-DGX 特徴

  • AEC-Q100認証GNSS チップ
  • GPS、GLONASS、GALILEO and QZSS対応
  • SBAS (WAAS、EGNOS、MSAS)対応
  • 低信号にて高速 TTFF
  • MEMSセンサー(3軸ジャイロスコープ、3点軸加速度センサー内蔵)
  • MEMSローデータ出力(~100Hz)
  • 導入オリエンテーション不要
  • ADR/UDRモードの自動感知、および動作
  • オドメーター(ホイールチックパルス)、前進/後退入力
  • UART portからの速度入力
  • CAN Bus (ISO 15765-4)からの移動体速度入力
  • AGPS autonomous solution準拠
  • LOCOSYS IATF 16949 準拠
  • 小さなパッケージ 16 x 12.2 x 2.3 mm
  • 面実装、RoHS準拠

ST-1612r-DGX 仕様

  • 対応衛星: GPS + GLONASS + GALILEO + QZSS
  • インターフェース: UART / CAN BUS / USB
  • 入力電力: 3.0V – 4.3V
  • 電流 (mA): TBD
  • VB (uA): TBD
  • 動作温度 (°C): -40 ~ 85
  • サイズ (mm): 16 x 12.2 x 2.3 mm

ST-1612r-DGX アプリケーション

  • 自動車ナビゲーション
  • マリンナビゲーション
  • M2M
  • トラッキングおよび対象移動体探査

ST-1612r-DGX データシート 

LOCOSYS製品のお問い合わせ、ご注文はエム・アールエフ㈱まで

エム・アールエフ㈱はLOCOSYS社の正規代理店です。
製品に関するお問い合わせ、お見積もりのご依頼はエム・アールエフ㈱までご連絡ください。

エム・アールエフ㈱
  • TEL:03-5244-4890
  • E-mail:sales@mrf.co.jp