エム・アールエフ株式会社

製品ラインアップ

方向性結合器の種類 ミニサーキット(Mini-Circuits)

方向性結合器、双方向結合器、デュアル方向性結合器のそれぞれの特長を下記にまとめました。

詳しくはこちらの資料をご覧ください。

型番 ZCDC20-E18653+ ZGBDC35-93HP+ DDCH-50-13+
結合器の種類 方向性結合器 双方向性結合器 デュアル方向性結合器
特性インピーダンス 50Ω 50Ω 50Ω
周波数範囲 18 ~ 65 GHz 900 ~ 9000 MHz 20 ~ 1000 MHz
長所 順方向パスの性能を最適化できる 対称設計 性能は順方向パスと逆方向パスの
両方で最適化できる
高い方向性とアイソレーション 入力ポートと出力ポートは入れ替え可能 より高い方向性とアイソレーションを実現できる
結合器の方向性は、絶縁ポートの
終端によるインピーダンス整合の
影響を強く受け、そ の終端を内部に
もつことで高性能が保証される
2 系統の伝送ラインがあり、結合ライン
はメインのラインと同じように
機能する
順方向でも逆方向でも結合が得られる
順方向と逆方向のカップリングがある 一方のパスの方向性は、
もう一方のパスのミスマッチング
に影響を受けない
システムの順方向電力と
逆方向電力の両方を
同時に監視するためにも使用できる
短所 結合は順方向パスのみで使用可能 双方向で良好な性能を得るために
クリティカルな設計が必要
通常、一対の方向性結合器で構成される
結合ラインがない 結合器の方向性は分離ポートの
終端により左右される
方向性結合器や双方向性結合器に
比べるとサイズが大きい
結合ポートから入力された電力は
内部の終端でほぼすべてが消費される
ため、結合ポー トの定格電力は
入力ポートより小さくなる
結合ラインがない
(両端で接続できない)
単方向および双方向性結合器
よりも挿入損失が大きい

ミニサーキット(Mini-Circuits)製品のお問い合わせ、ご注文はエム・アールエフ㈱まで

エム・アールエフ㈱はミニサーキット(Mini-Circuits)社の正規代理店です。
製品に関するお問い合わせ、お見積もりのご依頼はエム・アールエフ㈱までご連絡ください。

エム・アールエフ㈱
  • TEL:03-5244-4890
  • E-mail:sales@mrf.co.jp